『ヒト』を最適化しよう。

エレノア・ルーズベルト『未来は美しい夢を信じる人のためにあります。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

人に『未来があるよ』と言う時、やはり心底の本音として言いたい相手は、心が美しい、あるいは純粋な人間である。禍々しく、荒んだ心を持った人間には、『未来がある』という言葉を言うのには、やはり少なからずの抵抗がある。

 

この世というものは、地獄へと続く道も歩けるし、天国へ続く道も歩ける自由がある。いや、天国と地獄の存在の話をしているのではなくて、白と黒でも、光と闇でも、正義と悪でもいいが、いずれにせよ、人間の人生にはある程度の自由が与えられていて、それを、法律やルール、道徳や倫理といった『制限』によって制御し、人の道を踏み外さないように考えられているわけだが、しかし、別にそれを破って踏み外すこともできるわけだ。

 

だが、それを行えば射殺され、あるいは逮捕される。つまり、『自由を求めた』結果、『自由を奪われる』ことになるのだそう考えた時、人間は意図的に『人が歩くべき道』を、人に歩かせようとしている事実が浮き彫りになるわけである。エレノア・ルーズベルトのこの言葉も、その類の一つだ。未来が、美しい夢を信じる人の為にあり、光り輝き、道を照らして導いてくれるという事実があったのなら、人は、とても安心して毎日の一歩を踏み続けることが出来る。

 

逆にこの言葉が、『全ての思想を持った人間』に対して当てはまってしまう言葉であれば、そこにあるのは『迷路』だ。一体、どんな生き方をし、どんな思想を持ち、どの方向に向かって歩けばいいかわからなくなり、道に迷って、知らぬ間に道を踏み外す者が多出するだろう。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧