『ヒト』を最適化しよう。

匂いの発生を防ぐ対策。お酢の効果と有害物質の解毒

 

と併せて考えていきたい。今回のテーマは『お酢』だ。関連リンクの記事が多くなってきたため、これらを全てかけわせて食事を改善するだけで、かなり状態は良好に近づいてくるだろう。当然、これらを全く知らないとき、

 

  • ハンバーグ
  • ラーメン
  • ピザ
  • カルボナーラ
  • スナック菓子
  • インスタント食品
  • ファーストフード

 

ばかり食べていたという人であれば、もう間違いなく状態は良好に近づく。欧米食の過剰摂取、つまり、高カロリー、高脂肪の食事方法を継続していては、引き起こされる問題はワキガや口臭といった体臭問題だけではない。

 

基本、うつ病あがり症、ED、バストアップ、口臭薄毛等といったこれらのよくある人間のコンプレックス的な問題は、『食事、睡眠、運動』という基本中の基本を、極めて最適化することで、ホルモンや脳内物質のバランスを最適化し、美と健康を維持、向上させることが出来る。これは、全ての専門書を見れば明らかになることだ。タバコやストレスも、全ての専門書に必ず『NGだ』と出て来る。

 

つまり、こうした事実があるにもかかわらずそれらを改善しないということは、まるで『泥だらけになりたくない』と言って、泥に突っ込んでいるようなものだ。今すぐ改善した方が良い。

 

さて、今回のテーマである『お酢』だが、このような発酵食品には、

 

  • 腸内の腐敗物質に火をつけて燃えやすくする着火剤としての働き
  • 腸内に発生した有害物質を抑える働き

 

がある。またその発酵食品というのは、『匂いの発生を防ぐ対策。発酵食品のメリット』にも書いた様に、腸内の善玉菌を優位にしてくれる還元力の高い食品の一つ。お酢だけではなく、

 

  • みそ
  • 醤油
  • 納豆
  • みりん
  • 甘酒
  • 漬物

 

らがそれだが、これらの発酵食品を積極的に食べることで、腸内に善玉菌を増やすことができ、それを優位にさせることができ、悪臭の原因を改善することに繋がるのだ。また、『お酢』に特化して言えば、このように『動物性食品由来の悪玉コレステロールを分解する』働きだけではなく、

 

  • 動脈硬化や老化を進める過酸化脂質の発生を抑える

 

働きがあることもわかっている。このような『メンテナンスフード』は全て摂りいれていきたい。