『ヒト』を最適化しよう。

子供や未成年はワキガ手術してもいいの?何歳から出来る?

子供や未成年はワキガ手術してもいいの?何歳から出来る?

子供でもワキガになるため、ワキガ手術をすることは可能です。

しかし専門家は、高校生以下の子供が手術をしても再発する可能性があるとして、18歳以上を目安に手術を推奨しています。

先生

出来るという医師と、18歳以上を推奨する医師とがいるよ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

子供でもワキガになる

子供もワキガになるでしょうか。答えは、Yesです。ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、主に思春期になると急に活性化し始めます。したがって、子供であってもワキガが発症するということは十分にあり得ます。

 

 

『ワキガはたった30分で完治します!』にはこうあります。

アポクリン汗は人間のフェロモン?

 

(省略)アポクリン汗腺は、生まれたときは全身に分布しています。しかし、この時期にはまったく機能していません。その後、全身のアポクリン汗腺はどんどん退化し、特定の部位にだけ残ります。そして、思春期になると残ったアポクリン汗腺が急に活性化し始めるのです。

 

女の子なら初潮を迎えて、胸が膨らみ始める頃。男の子ならひげがうっすらと生え始め、声変りをする頃です。

 

ワキガの原因はアポクリン汗腺です。アポクリン汗腺が多く、アポクリン汗の分泌量が多い人は、ワキガ臭が強くなる傾向があります。このアポクリン汗腺の量は、遺伝で決まるものです。黒人の場合の100%、白人の80%、日本人の15%、中国人の5%ほどが遺伝によってアポクリン汗腺の量が多い傾向にあります。

 

  • 黒人:100%
  • 白人:80%
  • 日本人:15%
  • 中国人:5%

 

 

また、下記の記事にも書いたように、

 

 

どちらかの親がワキガであれば、子供に受け継がれるのは50%、両親ともワキガなら80%の確率で子供もワキガである確率が高い結果が出ています。ただ、これに関しては30%だという見解もあるので、確実な数字ではありません。しかし、どちらにせよ30%以上の確率で親から子へ遺伝するという事実は確かなようです。

 

 

 

上記の記事にも書いたように、男性も女性も、ワキガのニオイは本来、異性への強いセックスアピールでした。ですから、時代が時代であればこうしたニオイが強烈であるほど、異性からモテモテだったということになります。

 

しかし、時代は変わり、四足歩行から二足歩行になり、人間が『嗅覚』から『視覚』で相手に魅力を覚えるようになり、次第にこの『フェロモン』は役立たずの『悪者』扱いをされるようになったのです。思春期の頃になると異性を気にしだしますから、この時期にこの『フェロモン』が出るようになるということは、人間のこうした歴史を考えたとき、うなづけますね。

 

先生

ワキガは遺伝するし、アポクリン汗腺の量がどれだけあるかで決まるから、子供であってもワキガ臭が発生する可能性があるってことだね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 子供もワキガになる。

子供が手術をして成功した話があるが…

先ほどの本、『ワキガはたった30分で完治します!』にはこうあります。

『最初、ミナミちゃんが私のことを臭いって言ったの。そしたら、いつの間にかそれが広まったみたいで、私ことを見ながらコソコソ何か言ったり、鼻をつまんだりする子もいたりして…すごく嫌な感じなの。もう、学校に行きたくないよ。』

 

私自身、ワキガがあり、ちょっと汗ばむ日などはこまめに脇の下をウェットティッシュで拭いて気を付けています。ですから、上の子供が初塩を迎えたときは、ワキガもそのころから発生すると聞いていたので、ニオイに注意していたんですけど、幸いにも遺伝していませんでした。それで、下の子供も大丈夫だろうと高をくくってしまい…もう少し気を付けてやればよかったと後悔したものです。

 

中学生の娘さんがワキガで悩み、そして結局手術をするに至った話が書かれています。この体験談は本当ですかね?正直に言ってこのような匿名の体験談は、いくらでも治療側が用意できますからね。

 

誰の話かは個人情報、かつプライバシーの問題、かつ守秘義務があって言えない。

 

と言えばまかり通りますからね。ではなぜこれが嘘かと思うのかと言うと、私はこの著者の本をいくつも持っていますが、全て『手術をしてよかった』というたぐいの体験談しか掲載していないからです。

 

 

しかし、実際に手術を受けた人の話や、違う人に意見を聞いてみると、やはり何かしらの『後遺症やリスク』の話が出ているのです。それにも関わらず、治療側の人間がそのような事実を出さず、『安全だから手術をしよう』と誘導する。ここにこの人の『うさんくささ』があります。

 

先生

体験談なんて、匿名にすれば誰が言ったか分からないから、いくらでも自作自演できるよね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 体験談を鵜呑みにしない。

人は自分の利益につなげようとするとき何かを隠蔽する

例えば、下記のように記載してあるサイトがあります。

ただ、病院がOKといっても子供のワキガ手術はおすすめできません。

 

【1つめ】
大人よりも手術が困難で、再発の恐れがあること。

【2つめ】
大人よりも手術の負担が大きいということ。

【3つめ】
手術痕が残ってしまうということ。

 

大人のアポクリン腺よりも子供のアポクリン腺は小さいため、アポクリン汗腺を完全に取り切れず、再発する可能性がある。また、手術の負担が大きく、手術痕が残ってしまう可能性がある。

 

 

しかし、このお医者さんは『そういうリスクはない』と豪語します。一体どちらが正しいのでしょうか。この時点ですでに意見が対立していますよね。同じように、

 

  • レーシック手術
  • ペニス増大手術
  • バストアップ手術

 

等も、手術をする側としては、悲観的な意見を言わないようにすることが多く見受けられます。しかし、そのどれもが失敗するリスクや、手術痕や後遺症が残るリスクが存在しています。レーシックなどは社会問題にもなりましたね。その他の問題も、コンプレックスの問題ゆえにレーシックほど大声では言えませんが、様々な問題が起きているのが現状です。下記の記事にその一例を書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

先生

デメリットや副作用を隠すと、逆に怪しいからね!マイナスの話をすると逆に信頼性が上がるっていうのが人間心理だね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 大人のアポクリン腺よりも子供のアポクリン腺は小さいため、アポクリン汗腺を完全に取り切れず、再発する可能性がある。
  • 人は自分の利益につなげようとするとき何かを隠蔽する。

ザッポスの奇跡

ザッポス』という会社は、およそ800億円であのAmazonに『結婚』を申し込まれたWebの靴通販会社です。Amazonはザッポスを『吸収・買収』したのではなく、結婚を申し込んだ。それほど、ザッポスという会社の個性を大事にしたかったわけです。

 

 

その理由の一つに、ザッポスがHP上に、ユーザーの意見を『批判的なもの』も含めて、全て掲載している事実があります。この会社は本当に顧客本位で考える会社ですから、そうした理念を掲げておいて、自分の会社にとって不利益になる情報を隠すことは言語道断だと考えているわけですね。

 

私がこれを知った時はまだ20歳前半で何もわからない時でしたが、このやり方がとても優れていて誠実であるということだけはよく伝わってきたことを覚えています。

 

『ザッポスの奇跡』にはこうあります。

ザッポスは、アマゾンに勝てないから買収されたのではない。むしろその反対だ。『ウェブ時代における究極の顧客エクスペリエンスの実現』について、ザッポスが創立以来十年をかけて培ってきたそのノウハウを、この買収によってザッポスから学び、取り入れるというのが、アマゾンの本意であると私は見ている。

 

ドイツの哲学者、ディルタイは言いました。

 

ザッポスのとったその顧客本位の行動を、彼ら社員が『犠牲』と捉えているかも疑わしいところですが、しかし、自社にとって不利益な情報でも、それを公開することがユーザーの為になる、と考えるあたり、彼らは真の顧客本位な発想を持った企業であるということがわかりますね。

 

他方、これらの手術をする治療側の意見はどうでしょうか。彼らのように、『自社にとって不利益な情報』を惜しげもなく公開しているでしょうか。それとも、『自社にとって有利な情報』しか公開していないでしょうか。

 

 

したがって、私はこの医療側の人間が書いた内容に首をかしげているのです。もちろんこれは、私の憶測であり、個人的な見解です。もし本当の体験談であれば私の勘が間違っていたということになります。

 

しかし、私に疑わせてしまうあたり、企業側にも責任があるでしょう。それができているかどうかが企業が顧客本位か自社本位であるかどうかがわかる試金石となります。

 

先生

人間というものは不誠実なのか、誠実なのか…性善説か、性悪説か…ぶつぶつぶつ…
せ、先生…?

ハニワくん

この章のまとめ
  • 誠実に生きる人はいるが、滅多にいない。

さくらと詐欺と

『経済の裏がわかる人間心理127の仕組み』にはこうあります。

多数の人と同じ行動をとってしまう『バンドワゴン効果』の謎

 

(省略)バンドワゴンとは、お祭りやパレードで音楽を奏でる楽隊のこと。楽しい音楽が聞こえてくれば誰でも浮かれた気分になり、楽隊のあとについてパレードに参加したくなる。このように、多数の人と同じ行動をとってしまうという心理が、バンドワゴン効果である。

 

人は誰もがこのバンドワゴン効果に影響されてしまうものです。多くの人が『良い』と言えば、つい『良い』と思い込んでしまう。

 

あんな風に皆言ってるし、きっと本当に良いんだろうな…

 

などと思ってしまうわけですね。企業側が用意する自作自演の『さくら』が消費者の購買意欲を煽るのです。これはある種の企業戦略であり、言い方を変えれば『詐欺』なんですね。

 

 

特に、この『手術』といったような極めてナイーブな話をするときには、問題はより深刻になります。特にその対象が『子供』ですよね。もしワキガ手術で失敗したり、手術痕が残ってしまったらどう責任を取るのでしょうか。

 

以前テレビで、『二重を一重にしたい』というレアな申し出をする患者がいて、整形外科医はその申し出を受け入れました。しかし、『一重を二重にする』のと違って、メスを入れて切るだけの、簡単な手術ではありません。

 

結局その人は、『余計くっきりとした二重』になってしまいました。治療側曰く、

 

この方はなかなか結果が出にくいタイプ。もう少し時間が経てば徐々に傾向はよくなります。

 

とのことでしたが、それから更に数週間時間をおいても、むしろその『二重』はくっきりとしたままでした。

 

 

元々、このような手術を申し出る人はめったにいません。この場合も、さまざまな整形外科医にインタビューを行ったのですが、ほとんどの医者が、

 

一重にする手術はやったことがない

 

と言っていました。難易度的にも、難しいんですね。つまりここで言いたいのは、『無理な手術をしようとすると、悪い結果が出やすくなる』ということです。先ほど、

 

大人のアポクリン腺よりも子供のアポクリン腺は小さいため、アポクリン汗腺を完全に取り切れず、再発する可能性がある。

 

という懸念がありましたよね。ということは、子供の手術というのはそもそも『無理な手術』の可能性があるのです。そこを、

 

いや、何とかそこをやってほしい

 

と言うと、治療側としてはそれを受け入れるしかなく、

 

ご本人の希望であれば

 

ということで、承諾することになります。しかし、その『一重手術』の人のように、必ずしもその無理な手術の結果が良好になるとは限りません。そのことについて、肝に銘じる必要があるんですね。

 

先生

人間はなんと愚かな生き物なのだろうか…いや、私もその人間なのだ…やはりもう一度旅に出てそれで…
先生!そ、そろそろ…

ハニワくん

この章のまとめ
  • 子供のワキガ手術は『無理』がある。

ワキガで悩む子供がいるのは紛れもない事実

私が同世代の若者から『ワキガ臭』を感じるようになったのは、16歳くらいの頃だったでしょうか。それまでは、友人や同級生の中にそのようなニオイを発する人はいませんでした。ですから、そのような人を初めて見つけたとき、扱い方がわからないので、ついぞんざいな扱いをしてしまったのを覚えています。

 

おい、お前くせぇな!

 

と、直接言ったのを覚えていますね。するとその知人は、

 

めんどくせぇよ!

 

と言ってはぐらかし、私が妙な発言を言いだしたかのような空気を作り出そうと必死でした。長い付き合いだった私は、彼のその必死さに違和感を覚え、

 

ん?これは触れてはいけなかったかな…

 

と思ったものです。何でも軽口を言い合える気の知れた仲でしたが、それでもこのようなナイーブな話はタブーだったようです。

 

 

先ほどの本の体験談に出てくる娘さんが『実在』しているかはわかりませんが、実在している可能性は大いにあります。そこがあのような体験談の信憑性を上げているんですね。実際にそのような思いをしている人は存在するのです。

 

ただ、それであればレーシックであっても何であってもそうですから、だからといってそこにつけこみ、その問題を解決するから、ということでリスクの高い話に誘導してしまうのは顧客本位とは言えませんね。

 

もし手術を真剣に考える人がいた場合は、このようなデメリットをよく考えた上で、自己責任で行うことを覚悟した方がいいでしょう。ただし、一度痕が残ったらもう二度と元には戻らないということもありますので、必ず親や大人に相談し、最善な答えを出すようにしましょう。

 

先生

し、失礼。でもまあ、どうしても手術をしたい人はいるからね!そういう人の為にドアを開いて待っていることを伝えるのは大事だね!
た、たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガで悩む子供がいるのは紛れもない事実。

子供は正確な答えを出せない

子供が出す答えは大抵間違っています。私が出会ったもう一人のワキガ体質の人は、女性でした。16歳くらいでしたね。彼女はとても香水のきついにおいがする女性で、

 

やたら香水臭いな…

 

という印象があったのですが、少し近づいてみると、どうもその香水の奥の方から、違う臭いが漂ってくるのです。その時私は、彼女が『ワキガを香水で隠している』ことを悟りました。

 

 

ワキガを香水で中和するという発想は間違ってはいません。しかし、『ワキガが当たり前』という欧米人とは違い、日本人は『香水でワキガ臭を誤魔化す』という発想をしてしまいます。

 

 

上記の記事に書いたように、欧米人はワキガ臭が当たり前なので、むしろその匂いが魅力的だったりします。ですから、その魅力の一つであるワキガ臭を、わざわざ香水で誤魔化すようなことはしません。するのは『ブレンド』です。ワキガ臭と香水のニオイをブレンドさせるのです。

 

 

彼女は彼ら欧米人のような価値観を持っておらず、ただひたすらにそのワキガ臭を憎んでいたのです。だからこそ『ブレンド』して楽しむようなことをせず、『もっといい匂いを上塗りしてごまかす』ような発想をしたんですね。しかし、その考え方のせいで、他人に与えるニオイの印象が悪くなってしまったのです。

 

ん?香水のニオイの奥から、妙なニオイを感じるな…

 

という違和感を与えてしまったんですね。このようにして子供の考えることは往々にして未熟なものです。したがって、手術をするということになればより一層大人の意見が必要になります。

 

 

手術をする前に様々な対策を考えましょう。手術はその後でも遅くはありません。ちなみにその知人の男性の方は、その後さらに付き合いが続きましたが、それ以降、特に強いワキガ臭を感じることはありませんでした。きっとみんなにおちょくられ、揶揄され、気にしないふりをして振舞っていましたが、実際には気にしていて、ケアをしていたのでしょう。

 

手術をしたような動きはありませんでしたから、毎日清潔にすることでケアできたんだと思います。食生活も特に和食中心に変えたとかそういうことはなく、相変わらず肉食やジャンクフードに偏っていたのにも関わらずです。日々の丁寧なケアをすればそれくらいの改善は見込めるということですから、手術を考えるのは最後の最後だと考えるのが妥当でしょう。

 

 

先生

手術はいつでもできるからね!刺青なんかと一緒で、体に傷を入れるということは一生ものだから、慎重に考えよう!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 子供の判断は大体間違っているか、詰めが甘い。
  • 手術を考えるのは最後の最後だと考える。

技術は常に進化している

ただ、『ワキガ・多汗症はこれで確実に治る』にはこうあります。

Q.私はひどいワキガで悩んできたものです。稲葉先生の本には、ワキガが遺伝するといったような内容が書かれていましたが、そうすると小学校三年の娘もワキガになる可能性があります。娘にはつらい思いはさせたくありません。そこで、手術でワキガを治療しておきたいのです。子供にはいつごろ手術をうけさせればよいでしょうか?

 

A.(中略)早いうちに手術を受けるメリットは、何と言っても手術後の回復力です。さらに、娘さんがワキガによる精神的なダメージをうけなくてすむということです。(中略)そのためにも、ワキガが出たとわかった段階で、いつでも私のところへ相談にいらっしゃることをおすすめいたします。

 

この本は1999年に出された本ですが、この時点ですでに未成年の手術が推奨されています。だからといって安心だということにはなりませんが、それから20年経った今、手術のレベルは更に引き上げられていると言ってもいいでしょう。また、各お医者さんの名前で検索しても、クレームを言うような書き込みもありません。

 

 

それから、確かに若い人の回復能力があることは確かです。私なども、ニキビができたら必ず潰して治していたのですが、30歳を過ぎたあたりからまずニキビをつぶすことも難しくなってきて、傷の治りも悪く、ニキビ跡ができるようになりました。高齢になればなるほど老化が進み、回復力も落ちていくことになります。

 

そう考えると、若くて回復力があるうちに手術をするということは、一理あるかもしれませんね。ただ、『大人のワキガ手術』に関して、治療側ではない専門家の意見もありますので併せてご確認ください。

 

『ニオイをかげば病気がわかる』にはこうあります。

ところで、美容整形外科で行われているワキガ治療手術は、アポクリン腺を一つひとつレーザーで焼き切るという方法をとっています。こうして人工的にアポクリン腺を取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もないようです。

 

この方は、東京教育大学大学院を修了した理学博士です。嗅覚研究の第一人者として第一線で活躍するニオイのプロですから、どうやら『大人のワキガ手術』に関しては、やはり成功率は高いようですね。

 

 

ただ、下記の動画は、あらゆる体臭について知り尽くす五味常明先生の出している公式動画です。

 

ワキガ手術は何歳から受けることができますか?(体臭多汗Q&A 19)


 

高校生以下の子供が手術をしても、再発する可能性がある。

 

と言っています。

 

 

先生

例えばお金に余裕のある人で、再発しても構わない、もう一度その時に手術代を払えるし傷痕も増えることを覚悟しているなら、いいかもね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 若くて回復力があるうちに手術をするということは、一理ある。
  • 人工的にアポクリン腺を取り除いてしまっても、人体や生活にはなんの支障もない。
  • 高校生以下の子供が手術をしても、再発する可能性がある。