『ヒト』を最適化しよう。

病院でワキガ治療する場合は何科に行けばいい?

病院でワキガ治療する場合は何科に行けばいい?

ワキガの治療をする際は、

 

  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 形成外科
  • 整形外科
  • 美容形成外科
  • 美容外科
  • 美容クリニック

 

を尋ねることになります。優先順位としては、まずは皮膚科を尋ねてみるといいでしょう。

先生

ワキガかどうかの確定がないから、まずはそれをはっきりさせることから始めることがポイントだね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

ワキガの治療ができる病院の診療科

ワキガの治療をする際は、

 

  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 形成外科
  • 整形外科
  • 美容形成外科
  • 美容外科
  • 美容クリニック

 

を尋ねることになります。優先順位としては、まずは皮膚科を尋ねてみるといいでしょう。

 

 

皮膚科での治療にはこういう特徴があります。

 

  • 簡単な治療が多い
  • 保険が効く

 

まず、自分がワキガであると完全にわかっているわけではないことを想定して、難易度の低い治療法から始めるのです。皮膚科では、

 

  • ニオイを抑える塗り薬
  • 精神面に効く薬

 

等を処方してくれますので、まずはそのあたりの治療法で、費用を抑えながら様子を見るのです。例えば下記の記事に書いたように、

 

 

精神面に効く薬として、以下のようなものがあります。

 

主な治療薬

精神安定剤 マイナートランキライザー等
自律中枢調整剤 ベレルガル等
中枢性睡眠剤 バルビタール等
発汗に効く薬 抗コリン剤等

 

こうした精神性発汗に効く薬や、塗り薬等を使ってみて様子を見てみましょう。何しろ、その他は全て『外科』とついていますから、外科手術をするところなんですよね。ですから、

 

  • 形成外科
  • 整形外科
  • 美容形成外科
  • 美容外科

 

に行く場合はもう手術をすることを覚悟していくことになります。それは最後の選択肢でもいいですよね。

 

 

先生

手術をすればたしかに完治するんだけど、手術痕も残るしお金もかかるからね!慎重に進めていこう!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガ治療は、まずは皮膚科を尋ねる。

ワキガは自由診療?

また下記の記事に書いたように、

 

 

薄毛治療の場合、皮膚科と美容系の皮膚科では治療法が異なります。美容系の皮膚科の場合は、薄毛の専門分野に長けている医師が、カウンセリングの結果を基に薄毛治療を行ってくれる病院です。ニキビや湿疹、イボなどの症状で通う事もある皮膚科は、薄毛治療で内服薬や外服薬を使用して治療を行う事しかできません。

 

しかし美容系の皮膚科の場合は、内服薬や外服薬での治療はもちろん、髪を生えさせる効果のある注射をする事も可能です。皮膚科と美容系の皮膚科では治療の仕方も違う点から、美容系の皮膚科の方がより効果がある薄毛治療ができるといわれています。したがって、美容皮膚科の方が皮膚科よりも専門的な治療ができる特徴があります。

 

 

ただ、それは薄毛治療の場合であり、全てのケースでそれが当てはまるわけではありません。また、薄毛治療は自由診療ですから保険が効きませんが、

 

自由診療

対象例 薄毛治療、レーシック、インプラント、ED治療等

 

ワキガの治療は保険が効く場合があります。美容クリニックや美容形成外科では保険が効かない場合がありますので、保険が効くかどうかということについてもしっかり考えておきましょう。それについては自分が行く病院に問い合わせればすぐに教えてくれるでしょう。

 

先生

普通は保険が効かない手術も、クリニックによっては効くっていうこともあるんだよね!問い合わせて確認すれば確実なことがわかるよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガの治療は保険が効く場合と効かない場合がある。

治療費・手術費用の一例

例えば、下記の記事でも紹介している五味常明さんの病院である『五味クリニック』は、皮膚科であり、形成外科です。

 

 

HPによると、手術および相談の料金は税込みでこうなっています。

 

相談料・ワキガ多汗症手術・電気凝固法

初診料 3,240円
1年未満 再診料 2,160円
ワキガ・多汗症手術(左右両方) 324,000円
ワキガ・多汗症手術(片方) 172,800円
試験切開後手術で手術施行しなかった場合 108,000円
そのまま手術に移行した場合 324,000円
試験切開のみの場合 54,000円
ワキガ・多汗症手術(左右両方)1/2手術 182,800円
ワキガ・多汗症手術(片方)1/2手術 91,400円

 

電気凝固法

初 回 108,000円(針代を含みます)
2回目以降 54,000円(新しい針を使用する場合、針代5,400円)

 

乳輪ワキガ治療

初 回 54,000円
2回目以降 32,400円

 

汗腺治療 ボトックス

弁護アラガン社製ボトックス士 78,840円
アラガン社以外の製品 54,000円

 

参考 費用表 …相談料・ワキガ多汗症手術・電気凝固法ワキガ・体臭・多汗に悩む方の心と体の心療室

 

大体5~30万円くらいですかね。また、間違えてはならないのは一度の手術でこの値段ですから、何度もやるとなると、それだけお金がかかることになります。まあ、世の中には整形で1,000万円以上かけて身体改造する人もいますから、手術の費用としては妥当な値段でしょう。ちなみに整形のそれは、日本人ではヴァニラさん等が有名ですね。

 

ヴァニラYOUTUBE始めました💗


 

そういった例を考えると30万円というのは妥当な金額だということがわかります。

 

先生

50万円を超えないって考えればいいから、50万円を覚悟すればいいんじゃないかな!いろいろオプションや保証をつけて40万円を超えることもあるからね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガ治療費・手術費用の一例を確認する。

ワキガの手術に適した季節は『秋』

また、『ワキガ・多汗症はこれで確実に治る』にはこうあります。

ワキガの手術に適した季節はありますか?

 

A.たしかに昔は、夏場の手術は汗とほこりで患部の清潔がたもてず、その結果、化膿しやすいと考えられてきました。しかし、イナバ式はアポクリン汗腺やエクリン汗腺をとりさる手術です。手術後は発汗がなくなり、細菌の繁殖もないので、夏でも心配はありません。また、現在では医療設備の近代化や抗生物質の発達により、化膿に対する予防措置は万全といっても過言ではありません。

 

以上のことから、ワキガの手術は、季節を選ばなくても大丈夫です。ただし、美容上の点から考えると、ワキガの手術にもっとも適しているのは秋といえます。

 

ワキガの手術に適した季節は『秋』と言えそうです。その理由は、『色素沈着』が残るからで、夏場はわきの下が目立つ服装をすることが多いからですね。

 

 

しかし、『ワキガ・多汗症はこれで確実に治る』では『イナバ式』、

 

『気になる口臭・体臭・加齢臭』の著者は『直視下剥離法』(五味法)、

 

『ワキ汗ワキ臭30分解消法』の著者は『超音波ワキガ手術』、

 

と、それぞれの専門家は、全く違うことを言っていますね。しかし、スポーツでも仕事でも料理でも、各人によって出す個性や技というものは違いますから、それはそういうものだと考えるのが妥当でしょうね。また、子供のワキガ、すそワキガの手術については下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

自分のワキガの状況によって、どんな対策をすればいいかということは変わってきます。下記の記事等を参考にしながら、自分に合った最善の対策を見つけましょう。

 

 

ちなみにEDの治療を病院でする場合は、下記の記事に書いた詳細を参考にしてください。

 

 

先生

手術や治療は選択肢が色々あるからね!まあ、風邪をどうやって治すかっていうことも選択肢はあるしね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガの手術に適した季節は『秋』。