『ヒト』を最適化しよう。

8,000の名言から浮かび上がった54の言葉

偉人の言葉と向き合っている中で頭に強く浮かんだ54の言葉。これは、『8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』のスピンオフ(派生)的な記事のようなものだ。黄金律同様に長い時間をかけて厳選・熟考し、慎重に書いた記事。全てが自分にとっても興味深い言葉だが、特に5354番目の記事は、そこにかなりのエネルギーを費やし、自分の魂を込めた。かなり難しい内容なので、下記に簡潔版の記事も用意した。

 

世界平和を実現させるためのたった一つの方法

 

疑問を抱いた時期から含めると、この記事は20年以上の時間をかけて捻出されていることになる。また、それに匹敵するくらいの力作として、52番目の記事も挙げることが出来る。これらの記事は、黄金律同様このサイトの集大成の記事だと言ってもいい。

 

『8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』に、

『宗教が違う。時代が違う。国家が違う。立場が違う。それなのに、なぜこの世を生きた様々な差異ある偉人たちは、同じ場所に目を向けることになったのか。』

 

ということを書いたが、それらの記事で、その理由をある程度まで説明することが出来た。黄金律と分別した理由は、黄金律が『偉人たちの言葉の共通点』に忠実であるのに対し、これらの言葉は、『私のインスピレーション(強く頭に浮かんだもの)』に忠実であるということ。つまり、私が四聖の言葉も含めた『この世にある8,000の名言』という『道』を真剣に歩いていたら、無意識に頭に強く浮かび上がってきた言葉があるのだ。

 

イメージとしては、私が元々持っていた要素と、偉人の突き詰めた智慧が結合し、あるいはそれが昇華したことで、これらの『言葉』が浮かび上がった。私は人から影響を受けることを極端に嫌う性格だが、間違いなくこれらの言葉は偉人たちの知恵を通してでなければ浮かび上がらなかった。黄金律同様、私はこの命の日数の間にこの記事を遺せてよかった。彼ら1,000人の地球の友に、その命に、感謝である。

 

・⇐BACK(8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律)

 

『考え方』(12)

なぜ『その考え方』に依存しているのか。その考え方でなければならない理由はあるのか。

1.

『それしかできない』のではない。『それができる』のだ。』

人間には選択肢がある。しかし、『ない』と思っている人がいる。だが実際には『ある』のだ。

>>続きを見る

2.

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

自分の人生と同じものがどこかにあるのだろうか。あるのであれば、どこにあるのだろうか。それは本当に自分と全く同じなのだろうか。本当に?全く?完全に?

>>続きを見る

3.

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

艱難辛苦(かんなんしんく)というのは、大変な苦労という意味だ。大変な苦労を強いられた時、どう考える?それをそのまま苦痛として捉える?なぜ?

>>続きを見る

4.

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

大丈夫だ。それは試練だ。それが終われば一回り大きな存在になっている。

>>続きを見る

5.

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

失敗してもいいんだ。失敗してない人間を見かけたとしても、それはただその人が『そう振舞っているだけ』だ。

>>続きを見る

6.

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

なまじ『運』という言葉があるからいけない。最初から『ない』ものだと考えるのだ。

>>続きを見る

7.

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

考え方の転換だ。人生は、考え方をコントロールする人間が勝つようになっている。

>>続きを見る

8.

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

この違いを理解できないと一生日の目を見ないこともある。注意深く考える必要がある。

>>続きを見る

9.

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

後悔のない航海。それを送るのが人生だ。

>>続きを見る

10.

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

『もうこれしかない』のか、それとも『まだそれだけある』のか。

>>続きを見る

11.

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

エネルギーを捻出せよ。太陽のように燃えるエネルギーを、人間は心底に持っている。

>>続きを見る

12.

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

生きていれば思い通りに行かないこともある。だがそれは思い知るチャンスだ。最初からこの人生は一人の人間のためには存在していないと。

>>続きを見る

『命』(10)

『命の使い方』について考えたことがあるだろうか。ないなら、なぜ『ない』のか。

13.

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

誰もが不老不死に憧れるときがある。だが、もし本当に不老不死になったらどうなるか、熟考したことがあるだろうか。

>>続きを見る

14.

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

蔓延している常識を疑い、真実を見よ。

>>続きを見る

15.

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

自分の命はダイヤモンドよりも貴重だ。地球から40光年の距離にある『かに座55番星の惑星』はダイヤモンドでできているが、自分と同じ要素は一つも存在しない。

>>続きを見る

16.

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

命よりも大事なものはない。だが、命よりも大事なものがある。それはどういうことか。

>>続きを見る

17.

『『どうせできない』ではない。『どうせ死ぬのだ』という考え方で、命を使い切るべし。』

人生の黄昏時に振り返って後悔するのは『避けてきたリスク』『掴まなかったチャンス』『振り絞らなかった勇気』である。

>>続きを見る

18.

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

老年が死ぬべきだと言っているのでは当然ない。だが、老年になる前に死んだ命のことを考えるのだ。

>>続きを見る

19.

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

適材適所である。

>>続きを見る

20.

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

『命』というのは確かに生命の誕生の際に実感するものである。だが、実感するのはその場面だけではない。

>>続きを見る

21.

『ダイバーシティ(多様性)があるのは良い。だが、個々各人の主体性が真理に則って成り立つ場合のみ、そこにダイバーシティがある。』

多様性という言葉をどう捉えるかだ。何もかも許してしまっていいのか。

>>続きを見る

22.

『人間には心がある。心があるから人間なのだ。』

憂うことは辛い。だが、『人に憂う』、あるいは『人が憂う』と書いて『優しい』と読む。『優れた』人とは、ココロがある人だ。

>>続きを見る

『盲点』(13)

気づいたらそうしていた。無意識にそう信じ込んでいた。だが、それは本当に正確な認識だろうか。

23.

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

道などない。道を作ったのは人間だ。そして、我々も人間だ。『その人間』ではなく、違う人間だ。

>>続きを見る

24.

『大変という字は大きく変わると書く。大きな変化を自分に期待する人間が、大変な思いを避けてどうする。』

大きな変化を望まない人間が大変さを嘆くのだ。しかしそれは思慮不足。遠い異国で助けを求める無辜な命を、ないがしろにするべきではない。

>>続きを見る

25.

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

奮起せよ。鼓舞せよ。自分を奮い立たせ、たった一度の人生に悔いを残すな。

>>続きを見る

26.

『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

一本道を歩いて気が済むならそうすればいい。だが、私はお断りだ。

>>続きを見る

27.

『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

先進国に生きていて絵の具をいじったことがない人はいないだろう。『わかっている』はずだ。

>>続きを見る

28.

『『もうすぐ終わる』のではない。『まだ、生きている』のだ。』

生きている以上は、やるべきことがある。

>>続きを見る

29.

『『命を使い切る』ということは、無理をすることでも、無茶をすることでもない。自分に与えられた天分を100%全うするということなのである。』

過激派やテロリストは援用することはできない。

>>続きを見る

30.

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

刑務所の鉄格子から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。

>>続きを見る

31.

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

このことに気付ける人間は少ないが、いる。そして気づいて20%側を目指す人間はもっと少ないが、いる。

>>続きを見る

32.

『いくら押しても開かないドアがあるなら、それは『引きドア』だ。』

風林火山の極意を見よ。

>>続きを見る

33.

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

一流の人間というのは数えるほどしかいない。だが、『それっぽい人』ならそのあたりにたくさんいる。

>>続きを見る

34.

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

ピエロは人を楽しませたかった。だが、ピエロの中身は人間である。そして彼にも人生がある。たった一つの尊い人生だ。

>>続きを見る

35.

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

伝言ゲームというのは面白いものだ。だが、時にそれが『面白い』の一言で済まない時がある。

>>続きを見る

『真の智恵』(19)

厳選された知識と知恵。この様な知識を持っている人間とそうでない人間との間には、天と地の差が開く。

36.

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

見方を変えて初めて見えてくる事実がある。

>>続きを見る

37.

『宗教の本質は『慰め』ではない。『戒め』である。そうじゃなければ、残忍な殺人行為も慰められる(肯定される)。』

これは私の勘だが、『慰め』を押している宗教はたしかに『ニーズ』を満たす故、人は集まる。だがどうも怪しい。

>>続きを見る

38.

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

一部のテロリストが悪い印象を作ったイスラムの教えは、本当はとても傾聴に値するものだ。

>>続きを見る

39.

『宗教を語る人間は嘘くさいが、宗教を語らない人間に、人間を語る資格はない。』

フランスの作家、プレヴォは言った。『宗教は大きな河に似ている。源泉から遠ざかるにつれて、絶え間なく汚染している。』

>>続きを見る

40.

『女が虚ろで神秘的なのは、この世が虚ろで神秘的だからだ。男は鈍感である。』

女性に『第6感』があると言うだろう。あの正体の話だ。

>>続きを見る

41.

『器が大きいのは男だ。だが、器の数では女に遠く及ばない。』

男女には明らかに確かな違いがある。その違いとは恐らくこういうことだ。

>>続きを見る

42.

『広告とは、そこにある実質という唯一無二の価値を、より多くの価値観の違う人間に理解してもらうために行う、情報のカスタマイズである。』

ダニエル・カーネマンが提唱する『システム1』と『システム2』の話を知っている人は、理解が早い。

>>続きを見る

43.

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

人は最初、赤ん坊だった。そして、いつ完成するのだろうか。ブッダや孔子やソクラテスは、『完成した』と発言しただろうか。では、そうではない人々は?

>>続きを見る

44.

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

ブッダや孔子やソクラテスは、『完成した』と発言していない。人間というものは、最初から『恒久的に未熟』だからだ。

>>続きを見る

45.

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

人を変人扱いする人は、ユーモアのつもりで言っているか、うぬぼれている。

>>続きを見る

46.

『真の法律、仁義、道徳、倫理、大道といったものは、まるで、地球を囲む大気圏だ。その一線を超えたら、人は、人でなくなってしまう。』

これらの概念は確かにとても貴重である。だが重要なのは、なぜそのような概念を捻出することができたのかだ。

>>続きを見る

47.

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

『神』。それは日本語である。

>>続きを見る

48.

『正しい正義はある。だが、その正義の光は、まだ弱い。』

『歪んだ正義』は、『正義』を誰かが歪めたものだ。では、『正義』を知る人はどこにいるのだろうか。

>>続きを見る

49.

『自然な混乱の原因は、自然だ。だが、不自然な混乱の原因は、人間だ。』

この世のすべては自然である。その範囲で考えれば人間がしでかすこともそうだとも言える。だが、人間が考えるべきなのはそうではない。

>>続きを見る

50.

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

これはシンプルに見えて、とてつもなく重要な内容である。

>>続きを見る

51.

『戦わずして勝つことは真の極意ではない。戦わずして負けないことこそが真の極意なのだ。』

誰かに勝つと、誰かが負けるわけだ。戦なら死ぬときもある。それでいいと本当に思うか?

>>続きを見る

52.

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

流行はものすごいエネルギーを秘めている。しかし、ひとたび去ってしまえば、そこに残るのは虚無である。まるでそこには『透明なドラゴン』がいたかのようだ。

>>続きを見る

53.

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

このサイトの最重要記事を見よ。

>>続きを見る

54.

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

最重要記事は、この2つの記事だ。

>>続きを見る

 

・⇐BACK(8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律)