『芥川龍之介の言葉』を自分のものにしよう!

芥川龍之介とは(画像

日本作家。生誕1892年。芥川龍之介(1892~1927年)は、名前を聞いたことがない人はいない日本でもっとも有名な作家の1人でしょう。とくに有名なのが、学校の教科書にも掲載されることがある「羅生門」で、他にも「蜘蛛の糸」「杜子春」「鼻」なども広く知られています。今昔物語をはじめとした古典作品を用いた短編小説で知られる一方で、左翼的な思想に基づいた作品も多く残しています。

 

服毒による自殺を図り、当時すでに大作家だった彼の死は世間に大きな衝撃をもたらしました。純文学の新人に授与される文学賞の芥川賞は、彼の業績を記念して友人の菊池寛が直木賞とともに1935年に創設したものです。

 

才気溢れる作風とあまりにもドラマティックな死から薄幸の作家の代名詞として捉えられることも多く、作品はもちろんのこと、カリスマティックな魅力から現在でも多くの人から愛されています。

 

メニュー

内省記事一覧