『アンデルセンの言葉』を自分のものにしよう!

ハンス・クリスチャン・アンデルセンとは(画像

デンマーク童話作家。生誕1805年。ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、1805年、デンマークのオーデンセで貧しい靴屋の息子として生まれました。役者を志し、14歳で家を出てコペンハーゲンに移ります。1835年に前年からのヨーロッパ旅行での体験をもとに、最初の小説である『即興詩人』を発表して名を挙げてのち、『人魚姫』『みにくいあひるの子』『裸の王様』『マッチ売りの少女』『絵のない絵本』など、70歳でこの世を去るまでに数多くの童話を発表しました。民族説話から採った童話で有名なグリム兄弟に対して、創作童話が多いという特徴があります。

 

「私の一生は一編の童話であった」と語ったアンデルセンの童話は、今も世界中で愛読されています。児童文学の地位が今のように高いのもアンデルセンの功績によるものです。

 

メニュー

内省記事一覧