『アリストテレスの言葉』を自分のものにしよう!

アリストテレスとは(画像

古代ギリシャ哲学者。生誕紀元前384年通称『西洋最大の哲学者の一人』。アリストテレス(BC384~BC322年)は古代における最大の哲学者で、古代ギリシアの叡智を代表する存在として有名です。かのアレクサンドロス三世の教師でもありました。

 

また、プラトンの弟子であり、ソクラテスからプラトンへと受け継がれたギリシア哲学を集大成し、さらには現在で言うところの生物学者の面も持ち合わせており、後世に与えた影響は絶大で「万学の祖」という評価も得ています。とくに中世ヨーロッパにおいては学問を象徴する存在となり、またイスラム社会にも深い影響を及ぼしました。

 

「自然学」「天体論」「霊魂論」「形而上学」など、著作が多数あります。これらのタイトルを見ただけでも、いかに幅広い分野で活躍したかが窺えます。もちろん現在から見ると誤りも多いのですが、その学問に対する姿勢や客観性を重んじた研究は高く評価されています。

 

メニュー

内省記事一覧