『エマーソンの言葉』を自分のものにしよう!

ラルフ・ウォルドー・エマーソンとは(画像

アメリカ哲学者。生誕1803年通称『コンコードの賢者』。エマーソンは19世紀に活躍したアメリカ人で、哲学者や作家、エッセイストなど様々な肩書きを持っています。1803年5月25日に生まれ、18歳でハーバード大学を卒業しました。その後は神学校へと進んで牧師になり、ヨーロッパへと渡ってウィリアム・ワーズワーストマス・カーライルと知り合います。

 

アメリカへ帰国後は講演や著作の執筆など様々な活動を続けました。特に南北戦争時代には積極的に演説や講演を行い、ジョン・ブラウンなどが訪れています。そして1882年に肺炎を患い、同年4月27日に亡くなりました。エマーソンは思想家としても活動しており、「恐怖は常に無知から発生する」「世界をほんの少し良い場所にして去ること」などの名言が遺っています。

メニュー

内省記事一覧