『ガリレオの言葉』を自分のものにしよう!

ガリレオとは

イタリア天文学者。ガリレオ・ガリレイ(1564~1642年)は、天文学の祖として非常に有名な人物です。太陽が地球を回っているという長くキリスト教世界を支配していた考えを実験によって得た証拠によって覆し、天文学のみならず、近代的な学問が発展するきっかけを作りました。

 

もっとも有名なのは望遠鏡の開発と使用で、木星を観察して4つの衛星(ガリレオ衛星)を発見したことで知られています。同じく望遠鏡での観察では月面のクレーターも発見しています。また、真実ではないともされていますが、重量によって落下速度が変わらないことを証明するために、ピサの斜塔から球を落としたというエピソードもあります。

 

ただし、こうした画期的な意見は当時のキリスト教会には受け入れられず、異端の疑いがあるとして厳しく糾弾されます。結局意見を曲げなければならなかった時に発したとされているのが、かの有名な「それでも地球はまわっている」です。

メニュー

内省記事一覧