『イチローの言葉』を自分のものにしよう!

イチロー(鈴木一朗)とは(画像

日本プロ野球選手通称『天才バッター』。イチローこと鈴木一朗は1973年10月22日に愛知県の西春日井郡豊山町で生まれました。名前は一朗ですが次男で、兄はグラフィックデザイナーとして活躍する鈴木一泰。イチローが使用している野球用品には兄・一泰がデザインを手がけたロゴが刻まれています。

 

少年時代のイチローは、豊山町スポーツ少年団に所属し、エースの4番でチームの要として活躍します。練習のために通い詰めたバッティングセンターにはイチロー専用の打席が現存しており、テレビや雑誌などで度々取材されています。通常の球速では物足りないと感じたため、ピッチングマシンのスプリングも専用のものが使われました。同時期には同じく愛知出身のプロ野球選手、稲葉篤紀もそのバッティングセンターに通っており、隣で物凄い球速のボールを打つイチローを見て驚愕していたそうです。

 

豊山中学校、愛工大名電高校を経て1992年にはドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブに入団。当初は本名の鈴木一朗名義で登録していましたが、3年目となる1994年に現在のイチローに変更。日本人初となる、下の名前での選手名登録者となりました。同年には年間210安打を記録し、それを表彰するために最多安打賞が打撃タイトルとして設立されます。

 

2001年には日本を離れ、アメリカのメジャーリーグ球団シアトル・マリナーズに入団。以後、新人王、MVP、首位打者など数々のタイトルを獲得し、日本人がメジャーでも通用することを証明しました。

メニュー

内省記事一覧