『伊集院静の言葉』を自分のものにしよう!

伊集院静とは

日本作家。生誕1950年。伊集院静は1950年2月9日生まれの日本の作家・作詞家です。作詞家としては伊達歩という筆名で活動し、近藤真彦の「愚か者」などを手掛けています。山口県の防府市生まれですが、出生当時は在日韓国人2世チョ・チュンレという名前でした。その後帰化して改名しています。立教大学を卒業後広告代理店に勤務し、その後CMディレクターとなり、薬師丸ひろ子や松田聖子らのツアーやショーを手がけました。

 

作家としては、1981年に小説現代で発表された「皐月」がデビュー作です。代表的な小説は「機関車先生」や「海峡」の3部作などで、その後も作家・作詞家として多方面に活動しており、名言には「どんな仕事もコツコツやっていけば実るはずなんだ」などがあります。

 

メニュー

内省記事一覧