『カフカの言葉』を自分のものにしよう!

フランツ・カフカとは(画像

チェコ作家。フランツ・カフカは、チェコ出身のドイツ語作家です。1883年7月3日生まれで1924年6月3日に満40歳で亡くなりました。ユダヤ人の家庭に生まれ、保険局に勤めながら作品を執筆していましたが、ユーモラスでありながら孤独感や不安感がある独特の作風が特徴です。彼の死後に発表された遺稿がきっかけで再評価を受け、その後は世界的なブームになったことからその名を知る人は多くいます。

 

その作風からもうかがえますが、カフカの残した名言も独特の雰囲気があります。「死んでいくものは誰しも生きている間に目的を持ち、だからこそあくせくして命をすり減らす。」というものもあれば、「将来にむかって歩いてゆくことは、ぼくにはできない。将来にむかってつまずくこと、これならできる。いちばんうまいのは、倒れたままでいること。」という極めてネガティブなものもありますが、どこかユーモラスで楽しめます。

メニュー

内省記事一覧