『開高健の言葉』を自分のものにしよう!

開高健とは

日本作家。生誕1930年。開高健(かいこう たけし 1930~1989年)は、小説、ノンフィクション、評論などで活躍した作家です。代表作には「裸の王様」「パニック」「巨人と玩具」などがあり、「裸の王様」で芥川賞を受賞しています。

 

1960年には中国訪問日本文学代表団として訪中し、毛沢東や周恩来と会見したエピソードも残されています。また、ベトナム戦争中のベトナムに南軍として従軍し、その後は反戦運動を積極的に行うなどドラマティックな人生を送りました。死因は食道がんによる肺炎の併発で、58歳の早すぎる死でした。

 

現在ではその功績を称えて、開高健ノンフィクション賞や開高健記念館などが創設されています。大の釣り愛好家でもあり、現在広く普及した「キャッチ・アンド・リリース」を広めた人物とされています。

メニュー

内省記事一覧