『小林一三の言葉』を自分のものにしよう!

小林一三とは(画像

日本実業家。生誕1873年通称『阪急グループの創業者』。小林一三は宝塚歌劇団や阪急電鉄を創設した日本の実業家です。「人に頼り、人に期待するのが一番いけない」ほか、様々な名言が遺されています。小林一三は1873年1月3日に山梨県で生まれ、母の死などから間もなくして伯父夫婦に引き取られています。

 

その後は加賀美平八郎が経営する成器塾へと通った後に上京し、1888年に福沢諭吉が塾長を勤める慶應義塾にへ入りました。塾卒業後は銀行での勤務などを経て1907年に鉄道会社の専務に就任、これが阪急電鉄の母体となりました。1929年には日本初の駅デパート「阪急百貨店」を開業し、その後も数々の路線建設や事業計画に携わり、引退後は政治家として商工大臣などを勤めています。しかし1957年1月25日、急性心疾患でこの世を去ることとなりました。

メニュー

内省記事一覧