『織田信長の言葉』を自分のものにしよう!

織田信長とは(画像

日本武将通称『三英傑』。尾張の戦国大名、織田信長は1534年5月12日に生まれました。生まれた城は勝幡城と那古野城のどちらかと言われており、現在は前者の勝幡城説が有力です。幼名は吉法師。父は織田信秀、母は土田御前。2歳という若さで那古野城主となります。徳川家康豊臣秀吉と並んで三英傑と呼ばれる。

 

幼少期の織田信長は奇怪な言動を繰り返しており、周りの大人達から尾張の大うつけと呼ばれます。そんな信長の教育係だった平手政秀は、織田信秀が没して信長が家督を継いだ2年後に自害してしまいます。自害の理由は諸説あり、奇行をやめない信長を諫めるためであったとも、確執があったためとも言われていますが、いずれにせよ信長の奇行は収まることはありませんでした。ただし平手政秀の死は信長にとってショックな出来事だったようで、政秀のために政秀寺を建立し彼を弔いました。

 

家督を継いだ織田信長は、叔父の織田信光の協力のもと当時尾張の実権を掌握していた織田信友を殺害し、尾張国統一を果たします。更に勢力を拡大した信長は本格的に天下統一を目指し、室町幕府の滅亡とともに上洛。権大納言および右近衛大将に任じられた信長は、朝廷より天下人としてのお墨付きを手に入れます。

 

しかし1582年、中国遠征の準備のために立ち寄った本能寺で、明智光秀率いる明智軍が突然謀反を起こし本能寺を襲撃。本能寺の変が起こります。明智軍の兵相手に信長は自ら槍を手にして奮闘するも、多勢に無勢、最期は自ら居間に火を放ち自害したと言われています。享年49歳。

メニュー

内省記事一覧