『大山倍達の言葉』を自分のものにしよう!

大山倍達とは(画像

日本空手家通称『極真空手創始者』。大山倍達は、日本の空手家で国際空手道連盟総裁、さらに極真会館館長です。1923年7月27日生まれで元々は韓国人でしたが、1964年に日本国籍を取得して帰化しています。多くの武道家と交流し、空手家ではあるがさまざまな格闘技を研究しており、合気柔術やステッキ術、柔道やボクシングを学んでいたこともありました。『空手バカ一代』という漫画で主人公として描かれていたこともあり、多くの人が知る格闘家の一人です。

 

大山倍達の名言として「金を失うことは小さい事。しかし信用を失うことは大きい事。勇気を失うことは自分を失う事。」というものがあります。格闘家として肉体の強さだけではなく、精神面の強さも重要であることが伝わってきます。

メニュー

内省記事一覧