『植村直己の言葉』を自分のものにしよう!

植村直己とは

日本冒険家。植村直己は、日本の登山家であり冒険家です。1941年2月12日生まれで、幼い頃からさまざまな山への挑戦を続けていました。その興味は次第に海外の山へと向けられるようになり、1970年には世界初の五大陸最高峰登頂者になり、世界的に注目されます。1984年に世界初のマッキンリー登記単独登頂を果たしますが、2月13日を最後に音信不通となり、消息不明に。そのため、1984年2月13日が彼の命日とされています。

 

彼の残した名言には「探検家になるために必要な資質は、臆病者であることです」というものがあります。勇敢であることこそが求められるように思えますが、始めるだけならともかく、しっかりと生還することを考えるなら臆病者であることがリスク管理には重要というわけです。

メニュー

  • 名言一覧

内省記事一覧