『ヒト』を最適化しよう。

アウグスティヌス『神は風を備える、だが人が帆をあげなければならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

この世にあるのは、宇宙だ。地球だ。海、山、風だ。だが、それらはあるだけだ。あるだけで、別に自分の人生とは無関係の存在である。いや、実際には無関係ということはない。同じ宇宙の森羅万象の一つだということであれば、当然関係性はある。しかし、海や風が自分の人生に、何か声をかけて働きかけてくれたり、食事を食べさせたりしてくれることはないわけで、だとしたら、無関係な存在である、と考えた方がわかりやすい。

 

このように、それらの自分以外の森羅万象を、まず『無関係』だと考えることによって、『では、関係性を持たせるにはどうしたらいいか』という方向に思慮するようになり、そうすると、アウグスティヌスの言う『帆を上げて風をつかめ』という言葉の意味も、ジワジワと浮き彫りになってくる。

 

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。

 

この世は、『在る』。だが、この世を『生きる』のは、人間である。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧